3Dプリンタ

その係員は、綿棒を差し出した。
「こちらを、ほっぺたの内側にこすり付けてください」
私の細胞が付着した綿棒は、装置の穴に入っていった。
「次に、足の親指の爪をお願いします」
係員は爪切りを差し出した。私は、靴下を脱いで聞いた。
「右足でいいですか」
係員は頷き、右手で私を促した。
私の右足の親指の爪は、装置に吸い込まれていった。
「では、始めます」
係員はこう告げ、装置のスイッチを入れた。
「ところで、完成はいつです?」
「そうですね、細胞のSTAP化に1時間、培養に2日、構築に92日ですから、三か月後ですね」
「では、2週間後に」
「途中でなにかありましたら、ご連絡いたします」

三か月後、係員は装置の取っ手に手を掛けていた。
「いい出来だと思いますよ。ご覧ください」
開いた扉の向こうには、透明なカプセルが立っていた。そして、カプセル内に薄緑の培養液中に浸っているそれは、まぎれもなく私だった。
「では、お引渡しです。培養液に浸っている限り、状態は変わりません。記憶や意識に関しては、急速プリンティングのため装備しておりません。培養液を制御する装置がこちらです。何か質問は」
「以前に聞いたから、特にない」
「では」

私は、STAP3Dプリントセンターと書かれた建物を後にした。
急がねばならない。私の心臓と肺と腎臓と肝臓は、今日にでも移植しないともう持たないのだから。

クリスマスイブの誤変換

亜芽はよ、老けすぎに 幸江と替わるだろう。
サイレンと無いと 捕吏無いと
きっと君 箱内 一人きりの庫裏澄ます畏怖
再連とないと 掘りないと
ここ牢深く比めた思い 香奈得られそうもない
必ず婚、ヤなら 射えそうな気がした
妻連とないと 彫ないと

まだ消え残る、貴美への思い
寄るへと不利続く
待ち過度には苦利す増す釣り
吟慰労の煌き
サイレンと無いと 捕吏無いと
きっと君 箱内 一人きりの庫裏澄ます畏怖
再連とないと 掘りないと

「○○の秋」 かきつばた杯参加

「すみません」
目の前にマイクが付きつけられた。マイクを持っている美人が、さらにたたみかける。
「なんとかの秋と言えば?」
ちょっと傾けた笑顔はかわいいが、”答えろよこの野郎”という心の声が読み取れる。
「は、はあ。スポーツですかねぇ」
「スポーツですか」
俺の答えに不満そうな美人に、ちょっといたずら心が目覚める。
「読書はいつも中毒してるんで」
軽いウィンクをカメラ目線で投げながら、俺は言った。
「食欲の秋ですね。な・ん・で・も・食べちゃうって感じです」
「はい、食欲の秋です。いただきました」
夕方のニュースでよく見る美人は、満足そうにカメラに振り返る。
駆け寄ってきたスタッフとやり取りをしてから、俺は昼飯を食べにハンバーガーショップへ向かった。


満月の輝く下、駅へ向かう。
ここの駅前の飲食街は、遅くなると残飯やゴミがいっぱい出してある。
そのゴミ袋をねらうネコとカラスの抗争で、結構やかましいのだ。

いつもなら。

だが、今日は違う。
ネコの声がしない。
カラスも飛び交っていない。

でも、黒い何かが、あちこちで蠢いている。

なんだろう。ネコより大きい。

なにしてるんだろう。

ゴミだ。
ゴミをあさっている。

ヒトだ。
ヒトが、ゴミをあさり、手当たり次第に何かを食べている。


なんてことだ。
あれを放送したんだな。


「ナ・ン・デ・モ・タベチャウ」に、俺のメンタリストとしてのメッセージを乗せすぎたんだ。

「時間よとまれ」三部作その1 かきつばた杯参加作品

急制動



(全面広告)
さあ、呟いてみてください。

「時間よ、とまれ」




*************************



俺は、太陽系に帰ってきた。
「さて、ウラシマ効果とやらを、実証する日が来たわけだ」
俺は、コンソールに話しかけた。
「ハル、地球はあるのか?」
「ええ、健在です。デイビッド」
音声とともに、コンソールには今の太陽系第三惑星の映像が浮かぶ。
俺が出発してから、200年ほど経っているはずだが、見た目は変わっていない。相変わらず、青く美しい地球が見えている。
「ん?ハル。スチルじゃなくてライブの映像にしてくれ」
「どうしましたか。ライブ映像ですが」
「いや、なんとなく、動いてない気がするんだが」
そうだ、雲の形も変わっていない。自転もしていないんじゃないか?
「なにか、連絡は?」
「まだ、ありません。」
「通常航行で半日経ってるのに?」
「現在調査中です」
俺は自分で、情報を調べ始めた。

地球と連絡が取れない。応答がない。なにも、電波が飛んでいない。

地球は死んだ惑星になっている。
「どうなってるんだ、ハル」
「わかりません。調査中です」


しばらくして、コンソールに人物が表示された。
「月面からの映像信号です」
その映像は、こう告げていた。

「私は、イワノビッチ。ロシアの宇宙飛行士だ。月面からこの情報を発信している。
この情報を見ているのは、超光速試験飛行から帰ってきた、デイビッド博士か、異星人だけだと思う。
地球は、停止してしまった。
繰り返すが、地球の時間が停止してしまっている。
理由はよくわからないが、地球上の誰かが「時間よとまれ」と呟いたからだと、司令船のライブラリは言っている。
50億人に一人だけ、時間をとめる能力のある人間がいるらしい。
そいつが、たまたま「時間よとまれ」と言っちゃったらしいんだ。

ケッ 迷惑な話だぜ。

あ」

画像が乱れている。

「これを見ているデイビッド博士。唯一の希望は、君がこう呟くことだ。
”時間よ、動け。”
これは、誰が呟いてもいいらしい。」

画面が途切れる。

何だって?地球の時間が止まってるって?月面は大丈夫なのか?
「ハル、この情報は、いつ撮られたものだ?」
「143年2か月と2日11時間19分32秒前です」
「もう143年もこのままなのか。クソッ」
俺は、コンソールを叩く。このままじゃ、補給も修理もない。そう長くはもたないだろう。

画面が再びともる。

「呟きの影響は、いわゆる重力圏の中だけらしい。月から呟いても、地球は回らない」
イワノビッチは苦悩の表情を浮かべている。

「時間よ動け、の呟きは、大気圏突入の瞬間しか呟けない。
重力圏は衛星軌道よりも、内側だ。」
イワノビッチは、地球周回軌道の高度を示している。
「どうするかは、君次第だ。」

映像は途切れた。

俺は、即断した。
「ハル、軌道計算だ。呟く瞬間のカウントダウンを始めてくれ」

気になることがひとつある。



イワノビッチの示した高度まで、

大気圏突入装備の無いこの船体が持つのかどうか、

それだけだ。

「時間よとまれ」三部作その2 かきつばた杯参加作品

『ISS』

「こちら、国際宇宙ステーション。ヒューストン、応答して下さい。」
ヘッドセットから聞こえてきた音声に、俺は問いかけた。
「どうした?マーサ。通信が途切れたのか?」
狭いISSの中を、希望セクションから、居住セクションへ向かう。いつもなら割り込んでくる、ヒューストンのアレンの声が聞こえてこない。
「全然応答が無い。コウノトリが向かっている最中なのに。」
マーサの声がだんだん小声になる。
通信室は、マーサとノグチでいっぱいだった。振り向いたノグチか、早口でまくし立てる。
「どこからも電波が来ない。」
「ヒューストンが停電なのか?」
マーサが首を振る。ノグチが俺に顔を寄せる。
「地球のどこも、通信してないんだ。」
「死んでしまったみたい。」
マーサは白い顔が、ますます白くなっている。

俺の耳に、雑音とロシアなまりの英語が聞こえてきた。
「通信だ。」
俺たち三人は、耳をすました。

「こちら、月面のイワノビッチ。ISS.応答してくれ。」
マーサが俺を睨む。コマンダーのノグチが応答する。
「こちら、ISS。コマンダーのノグチです。イワノビッチ、月面の探査中ですよね。」
雑音の中、途切れ途切れに声が続く。
「無事だったか、地球とは連絡が取れなくて。」
「何が起こったんだ?」
「わかってないのか。地上の様子を、直接見てみると分かるはずだ。」
ノグチは、地上観測ユニットの操作を始めた。コンソールに地上の建物が映る。
「普通に見えるが」
「アップにして見ろ。」
イワノビッチの言う様に、倍率を上げて行く。車や人が見えてくる。
「あ。」
マーサが画面の一箇所を指さす。
そこには、不自然な形で空中に浮いている、スケートボーダーが映っていた。広場の手すりから空中に飛び出し、頭を下にして止まっていたのだ。
イワノビッチの声が聞こえる。
「君たちの補給に来るコウノトリも、こうなってる。」
コンソールには、ブースターロケットを切り離した直後のロケットが表示されている。
「止まってる。」
「理由は分からないが、ISSよりも下は、時間が止まってるらしい。」
何だよそれは。
「いつ止まったんだろう。」
マーサが画面を指して言う。
グリニッジ標準時、14時26分41秒2。」
「そうか、切り離しだな。」
俺は、思わずつぶやいた。
「時間よ、動け。」
動く訳ないか。止まったままのコウノトリを見ながら、俺は頭をかいていた。


「地球が止まって3ヶ月か。本質は、補給が止まって3ヶ月だな。」
空のフレームばかりの貯蔵庫を見ながら、俺はため息をついた。補給が無い今、持って一週間ってとこだな。
「ISS、イワノビッチだ。」
画面の向こうのイワノビッチは、血色がいい。仮設基地は、食料はふんだんに有るらしい。
「ライブラリに、変なレポートが有ったんだ。送ったけど、長いから要約すると、時間を止められる人がいるらしい。」
「そいつのせいなのか?」
「かもしれない。レポートでは、段々能力が強くなってると。」
俺は、イワノビッチに言った。
「時間を止めるんじゃなくて、再び動かす方法を知りたいんだよな。」
「それも書いてある。時間よ、動け、って言えばいいだけらしい。」
「それなら、最初に言ってるよ、俺。」
イワノビッチは、下を指して言った。
「止まってる所の、ギリギリ境目で言わないとダメらしい。」
「この高度じゃダメなんだな。」
「補助ブースターの切り離し高度と言うわけだ。」
「あと少しだったか。」
「そうらしい。」

ノグチが肩を叩いた。
「どこまで降りればいたいんだって?」
「ブースター切り離し高度付近ですから、70kmあたりでは?」
「ISSじゃ、燃え尽きるのが、そこまで届かないか?」
「何を」
ノグチは、僅かに笑って言った。
「こうしていても、何にもならないと思ってさ。」
「じやあこうしますか。それぞれのユニットがどこまでもつか競争ってのは。」
「マーサにも聞かないとな。」
「あーら、さっきからいるわよ。仲間外れにしないでよ。」
「俺は実験区画、マーサは貯蔵区画、ロジャーは居住区画だ」
俺は、二人に言った。
「それぞれ、データをイワノビッチに報告するように。」
「ん?」
「人類最後の希望に、データと言うお土産を残して置かないとな。」
「デイビッド博士か。」
「確かに、最後の希望かも。」
「では、張り切って行きましょうか。」と、ノグチ。
「負けないわよ。」と、マーサ。
さあ、出発だ。



地球に輝く三つの花火と、届いた高度のデータを見ながら、イワノビッチは映像を作り始めた。

「時間よとまれ」三部作その3 かきつばた杯参加作品

『打ち上げ』



「おばあちゃん、早く。遅れちゃうよ。」
飛び込んできたサトルに手を引かれ、私は外へ出た。快晴の空が広がっていた。
「あら、いいお天気ねぇ」
サトルは、私の背中を押す。
「ほら、もうカウントダウン始まってるんだってば。早く乗って」
「ハイハイ」
「ハイは一回」
「ハイハイ」
乗り込んだワゴン車の運転席には、サトルの父親の佐藤さんが乗っている。
「すみません、完全に自分の祖母扱いで。」
恐縮する佐藤さんに手を振り、
「いえいえ、本当の孫だと思ってますよ。」
と隣にちょこんと座っているサトルに微笑みかける。
「しゅっぱーつ」
サトルの掛け声で、車が動き出す。
目指すは、宇宙が丘公園。コウノトリの乗ったHⅢロケットの打ち上げを見るため。

駐車場から、サトルに背中を押されて展望台に上る。人がいっぱいいる。
遠くに、白いロケットが見える。
50年前も、ここから私は見ていた。あの人が宇宙に消えていくのを。

「ねぇねぇ、おばあちゃん。デイビッド博士って、いまどこにいるんだろう。」
急にサトルが、私の袖を引いた。唐突な質問に戸惑っていると、
「超光速飛行中だから、今どこにいるかは、正確にわからないんだよ。」
と研究員らしく佐藤さんは、サトルに答えている。

そう、今どこにいるかわからないの、あの人は。

そして、はるか未来に、唐突に戻ってくるという。

私は、あの人の出かけた戸口に、あれ以来住み続けている。

「あと、10秒だよ」

サトルの声で、我に返る。ロケットから淡い白煙が上がる。
カウントダウンを一緒に刻む。あの時と同じ。

「3、2、1」

白い煙が上がる。

ゆっくりと、白いロケットが浮き上がる。


あと150年も待てないわ、私。
最初の補助ロケットが分かれて行く。
時間が止まればいいのよ。


****************************************************

「ハル、軌道計算を変更」
「どうしたんです?大気圏突入をやめますか?」
「いや、通過する地点を変える」
俺は、コンソールに示された、地表の地図を触り、日本の南を示した。
「ここを突入箇所にする。種子島の南だ。」
「日本のHⅢロケットが上昇中ですが。」
「その南方30kmを通過する。」
「理由を聞いてもいいですか?」
「機械のくせに生意気だな。」
俺は、少し躊躇した。
「出発前に分かれた彼女が、その近くで、ロケット発射をよく見に行くらしいんだ。」
「なぜ、種子島に?」
「俺が出かけた場所だからだ。衛星軌道でこれに乗る前に、種子島から上がったんだよ」
「計算終了しました。軌道変更シークエンス終了。カウントダウン再開」
コンソールに浮かぶ数字が、徐々に減っていく。

「帰ってきたよ、サトミ。待たせたな。」

「大気圏突入20秒前。73秒後に最大過熱、86秒後にイワノビッチ高度に達します。カウントダウン続行」

大きくなってきた振動に耐えながら、画面の数字を追う。
70
揺れる
50
船内が真っ暗になる
45
画面が消える。船内がきしむ。
40
ハルの声が消える
37
右横が真っ赤だ。熱い
30
全部赤い、熱い
25
右の壁がもぎ取られた
15
背中の壁が飛んでいく
10
周りの機材がなくなっていく

シートとヘルメットが融けている気がする。息が吸えない。

叫べ!

「時間よ!動け!」


************************************************************


「おばあちゃん、あれ何?」
サトルの指さす方、ロケットのちょっと下に、小さな火花のようなものが見える。
見る間に大きく光る火の玉になって、近づいてくる。
はやぶさの突入みたいだ」
佐藤さんの呟きが聞こえる。

私は、その火花に引き付けられた。美しく散っていく、炎のかけらに。
そして、そんなはずないと思いながら、こう言っていた。

「お帰りなさい」

かきつばた杯の再録1 お題は「:○げちゃだめだ ○げちゃだめだ ○げちゃだめだ」

『とりあえずは学園祭のテロリズム』
 
目の前に置いてあるものは、
「これなんだけど」
と差し出されたA4上質紙。印刷されているのは、脅迫文だと思う。たぶん。
【11月25日。今日、学園祭を爆破する。】
「ね、副会長。意味わかんないんだけど、それ」
副会長と僕が呼んでいるのは、目の前でA4上質紙を持っている眼鏡女子。飯尾副会長だ。
「速水会長、爆破予告だと思うの。これ」
それはわかってるつもりだけどね、僕は。
「いや、そうだけどさ、目的は?学園祭阻止?それなら生徒会じゃなくて、学園祭運営委員とか、学園長とかでしょ?」
副会長は、メガネの真ん中の鼻にかかってる部分(ここ、何て言うの?メガネ掛けないから僕にはわからない)を押し上げて、僕に言った。
「そりゃ、学園影の秘密結社”探偵倶楽部”に挑戦状って事でしょう?」
あのね。
「学園影の秘密結社ってさ、意味ないじゃん。この生徒会狙い撃ちでしょ、これ。僕らのことバレバレってことだよね。」
A4上質紙をヒラヒラさせて、僕は言った。
「まあ、まあ、かたいこと言わずに」
その紙を僕の指から奪い、ホワイトボードに磁石で貼り付けているのは書記の森田だ。こいつもメガネをかけている。
「しかもさ、こんなことするのって」
「部員不明の謎のクラブ”テロリズム研究会”ぐらいしかないわよねぇ」
と続ける副会長。
「対策は?森田君」
僕に指名された森田は、ホワイトボードに何やら書き始めた。
「まずは、本拠地”テロリズム研究会”の部室でガサ入れです」
グルグルとボードに赤い丸を書き続けている森田の案には、根本的な欠陥があることに僕は気付いた。
「大山先生には相談しないの?それと、テロリズム研究会が首謀者ってわかってるわけ?」
森田は得意げに、メガネの中央部(ここって、何て言うの、ホントに)を押し上げて言った。
「生徒会お目付け役の大山先生は、パニックするだけで役に立ちませんから知らせません。学園内テロ予告なんだから、テロリズム研究会に”相談”するのが一番じゃないんですか?」
なるほどね、相談ねぇ。
「わかった。それでいこう」
「では、会長と書記の二人で、テロリズム研究会の調査をお願いします。」
ガサゴソと手元で紙類を整理していた飯尾女史が言う。
「副会長はどうするの?」
「ちょっと心当たりが・・・のちほど」
スタスタとメガネ女子は生徒会室を出て行く。どこへ行くんだろう。
「さ、行きますよ」
森田に促されて、僕らは文化部部室棟へ向かった。と言っても、すぐ隣なんだけどね。

学園祭の初日の朝だから、部室棟は大混雑で、なかなか進めない。
三個目の部屋には読みにくい字で、「テロリズム研究会」と書いてある。世の中のテロの実例を調査して、そのようなことを防止する方法を研究してるんだというんだけど。
「どうもぅ」
軽いノリで、森田が入っていく。あれ?ガサ入れってもっと強行するものなんじゃな
部室には誰もいない。
「部長ってだれだっけ」
僕が言うと、森田は振り向いて、
「1年の嶋本ですよ。でも、本当の部長やメンバーは、わからないんですけどね」
「え、そうなの。2,3年は?」
「名目上みんなやめてますよ。ま、僕もそうですけどね。」
なんだそれ。森田、お前もメンバーかよ。
「じゃ、やめた2、3年が犯人じゃ」
森田はフフフと笑って、
「そうかもしれませんねぇ」
ばかばかしい。こいつらの遊びに付き合わなくちゃいけないってことか。僕は森田に言った。
「わかった。ここには証拠も証人も手掛かりもないから、OBにあたろう。」
「そうですね。」
「じゃ、森田。お前とお前の知っているテロ研のOBを紹介してくれ」

そこで、僕のスマホが鳴った。メガネ女史の飯尾副委員長からだ。
「爆破予告はホントみたい。校内4か所で同時テロらしいです」
「って、なんでそんなことが」
「森田さんのカバンにあったメモから探ったんです」
え、森田は?あ、いなくなってる。
「爆破予定は、10時です。あと5分しかないです」
ええええええええ。
「場所はメールしますから、なんとか阻止してください」
えええええええええええええええええええええええ

どうしよう。とりあえず、全部が見える所へ。校庭の特設舞台だ。
あと4分。何ができるんだろう。
とりあえず、手を止めてもらおう。
校舎の出口から、舞台が遠い。

舞台には誰もいない。開会宣言はもうすぐのはずだけど…
マイクは入ってるみたいだ。あと3分。
僕は、特設ステージの上のマイクに叫んだ。

「みんな聞いてくれ。緊急事態なんだ。生徒会長の速水だ。準備の手を止めて。緊急事態だから。爆破のね予告が」
手元のスマホに、飯尾女史からの情報が表示される。
「タコ焼きのとなりの、そこ。火を止めて。油!」
僕は屋台の右端を指さした。次は、飼育舎だ。
「飼育舎のトカゲの餌っ、そこっ」
屋上を見上げる。
「屋上、その作業中止。その旗止めて」
それから、人ごみの中を帽子をかぶった森田が、こっちに向かって来てる。
「そいつだ。そこの森田。そいつ捕まえて。こっちにこさせないで。」
みんな、なんだかちゃんと聞いてない。緊急なのが分かってないんだ。
タコ焼きのとなりのフライドポテト、塊を入れそうになってるっ
「そのポテト、ダメダメ」
トカゲの餌入れないでって言ってんだろっ
「その餌、ダメダメ」
見上げる屋上の校旗は、ポールに結び付いたままだ。あ、まだ動いてるっ
「その旗、ダメダメ」
ほらそこっ、森田を捕まえてっ
「そいつ、ダメダメ」
あーもうっ!!マイクに叫ぶっ!!
「芋揚げちゃダメだ、餌あげちゃダメだ、旗揚げちゃダメだ、舞台に上げちゃダメだ、あげちゃダメだあげちゃダメだあげちゃダメだ」
みんな聞いてくれっ
「あげちゃダメなんだってばっ」
校旗がポールの先端に着き、餌箱が飼育舎の台に置かれ、ポテトが鍋に落とされ、森田が舞台に上った。
とたんに。
森田の帽子から花火が、ポールの先端から金色のテープたちが、ポテトの鍋からカラースモークが、餌箱から赤青緑のレーザー光線が。

上がった。

派手なお祭り状態の中で、隣の森田が叫んでいる。
「学園祭テロ大成功!!学園祭バンサイ!はじめようぜ!」

なんだよこれ。学祭の演出かよ。全部あげてよかったんじゃないか。テロ研、なにやってんだよ。

「どうよ、秘密結社”探偵倶楽部”の部長さん。テロ研の勝ちだな」
しかたない、今回は勝ちを譲ろう。
「一つ聞いていいかな。」
「ああ」
ドヤ顔の森田の手を握りながら、僕は小声で聞いた。
「お前が、今、押して上げてるメガネのそこの部分、何て言うんだっけ?」